Huluの特徴とメリットデメリットまとめ

  • 月額933円(税抜)で5万本の映画・ドラマが見放題!
  • 2週間の無料トライアル!
  • ドラマの見逃し配信が早い!

Hulu 2週間無料トライアル

 

そもそも、Huluって何?

Huluとは、動画配信サービス(VOD : Video On Demand)の一種。

テレビのように『何日の何時はこの番組』と決まっているのではなく、インターネットを通じてみたい時にみたい番組を見ることができるサービスです。

  • テレビ:時間で番組が決まっている
  • VOD:好きな時に好きな番組を見れる

そのため、通勤時間に昨日見逃したアニメをチェックしたり、休みの日にドラマを前話一気に見るなどができます。

レンタルだと『借りたり返したりする手間』や『一本いくら』といった制限がありますが、Huluならば月額933円で5万本以上の動画が、パソコンやスマホで見放題

イメージとしては、ドラマや映画が見られるYoutubeのような感覚ですね。

映画やドラマ・アニメをじっくり見たい人にはおすすめのサービスです。

 

しかも、2週間の無料お試し期間あり。

この間に解約すれば1円もかからないので、とりあえず登録してみて、自分好みの作品があるかじっくりチェックできるのも嬉しいですね。

 

Huluのメリット

  • 月額933円で、全ての動画が見放題
  • ドラマ・アニメに強い
  • ドラマの見逃し配信が早い
  • ダウンロードしてオフライン再生可能

ポイントを挙げると、このような点がHuluのメリットです。

以下、それぞれについて詳しく解説していきます。

 

月額933円で、全ての動画が見放題

Huluは、5万本全ての動画が見放題の対象。

  • 新作は追加料金
  • 一部の動画は有料
  • 月に見れるのは何本まで

こういうのは、一切ありません

月額933円。

これ以上ビタ一文必要なく、Huluに登録されている5万本の動画全てが見放題です。

もちろん、2週間のトライアル期間もこれは同じ。

2週間の間に解約すれば、1円もかからずに5万本全ての動画を見ることができます。

 

ドラマ・アニメに強い

Huluの動画のラインナップは、国内外のドラマとアニメが充実したラインナップになっています。

  • 国内ドラマ:特に日本テレビ系に強い
  • 海外ドラマ:充実
  • アニメ:非常に充実

Huluは日本テレビの傘下にあるため、日本テレビ系のドラマはHulu独占配信を行っているものが多いです。

逆に、映画・韓流/アジアドラマは少し寂しいです。

この点はデメリットの項目で詳しく解説します。(→デメリットの項目にジャンプ)

 

ドラマの見逃し配信が早い

U-NEXTなどの動画配信サービスは、ほとんどのドラマで放送から見逃し配信までの間に数日の遅れがあります。

しかし、Huluの場合は多くのドラマで放送終了後に即見逃し配信

  • U-NEXTなど:月曜日に見逃した→配信は木曜日
  • Hulu:月曜日に見逃した→放送終了後にすぐ配信

「あ、しまった見逃した!」という時に待たずにすぐ見られるのは嬉しいですね。

ただし、ドラマによってはU-NEXTでしか配信していないなんてこともあるのでそこは難しいところ。

『HuluでもU-NEXTでも見られるドラマは、Huluの方が早いことが多い』と考えておきましょう。

※例外あり。アニメなどはHuluも数日遅れで配信のことが多いです。

 

ダウンロードしてオフライン再生可能

これはどういう時に便利かというと・・・

  • 家のwi-fiでダウンロードしておいて、通勤中に見ればギガ節約
  • 事前にダウンロードしておいて、飛行機の機内で視聴

こういう使い方ができるのでとても便利です。

特に高画質の動画を長時間見ているとあっという間に通信制限が掛かってしまうので、寝ている間にダウンロードしておくと便利ですね。

 

Huluのデメリット

  • 映画・韓流(アジア)ドラマのラインナップは寂しい
  • 同時視聴できるデバイスは一つだけ
  • 画質や音質にこだわる人にはちょっと物足りない

続いてデメリットを解説します。

 

映画・韓流(アジア)ドラマのラインナップは寂しい

Huluは国内外のドラマ・アニメが充実している一方で、映画・韓流/アジアドラマのラインナップは弱いです。

  • 映画の新作:ほとんどない
  • 映画の旧作:主に字幕版。一部人気作品だけ吹替版あり
  • 韓流・アジアドラマ:一部の人気作品のみ

という感じ。

映画や韓流ドラマが目当ての方は、他の動画配信サービスを利用した方がいいでしょう。

 

画質や音質にこだわる人にはちょっと物足りない

  • 3D作品・4K画質には未対応(フルHD画質)
  • 5.1ch/7.1chサラウンド未対応

普段スマホやPCで見る分には全く問題ありませんが、大画面やシアタールームのような環境で視聴するには不向きです。

 

まとめ:Huluが向いているのはこんな人

上記を踏まえて、Huluを利用する上での確認ポイントを整理していきます。

以下の点に多く当てはまるほど、Huluが向いていると言えるでしょう。

  • 映画よりもドラマやアニメを見たい
  • 日本テレビ系のドラマが好き
  • 移動中の通信料(ギガ)を節約したい
  • 大画面で見ることよりも、スマホやPCで見ることが多い
  • 家族で同時に別の動画を見ることは少ない

Hulu 2週間無料トライアル

© 2021 みのがしナビ